横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

これからおうちに猫を迎え入れる方は「猫にとって快適な空間を作ってあげたい」、そう思っていることでしょう。

ただ、猫と幸せな生活を長く続けていくためには、猫のことばかり考えるだけでなく、猫と一緒に暮らすあなたもリラックスできる空間作りが大切です。

そこで今回は、猫にとっても人にとってもリラックスできる、家のインテリアの考え方や部屋作りのコツについて、押さえておきたいポイントやあらかじめ注意しておきたいことについてご紹介していきます。

猫がくつろげる空間を考えよう

初めてあなたのおうちへやってくる猫はドキドキしているもの。迎え入れるにあたって、猫の習性を考えた空間をあらかじめ作っておくことは非常に大切です。

その部屋作りのポイントは3つあります。

上下移動できる空間を作ってあげること

猫は、ライオンやトラと同じネコ科の動物なので、獲物を捕まえるハンターとしての習性があります。

とくに、身軽で平衡感覚に優れている猫は、高いところから見渡せるところを安全な場所として必要とするため、上下に移動できる空間を作ると喜びます。

そのため、猫と暮らせる物件では、備え付けのおしゃれなキャットウォークのインテリア等も見られます。

現在のお住まいの家にこうした空間を作るのであれば、ラブリコや2×4材を使ったDIYで自作のキャットタワーを作ってみたり、既製品でも手軽に導入できるキャットタワーやキャットウォークが販売されているので、検討してみてはいかがでしょうか。

ほどよい暗さと狭い空間を作ってあげること

猫と暮らしはじめると、たびたび「あれ?どこいったのかな…」と部屋中を探す機会があります。

外にいる猫たちをご覧になればお分かりになると思いますが、猫はもともと非常に警戒心の強い動物です。

そのため、目に触れない身の安全が確保された、狭くて暗いスペースがお気に入りです。

ベッドの下や押し入れなど、既におうちに猫が落ち着ける空間があればよいですが、もしそういった場所がない場合には、ドーム型のキャットハウスなど、安心できる場所を作っておくようにしましょう。

トイレの場所は最初が肝心!

猫は、基本的にしつけをしなくてもトイレを覚えてくれる、飼い主にとってはありがたい存在です。

ただその代わり、「環境が変わることを非常に嫌う」性格だということを覚えておきましょう。

とくにトイレに関しては、一度置き場所を決めたら変えないことをおすすめします。

なぜなら、トイレの場所が変わることでストレスを感じる猫は多いため、トイレのない場所でおしっこやウンチをしてしまうといった粗相(そそう)の原因にもなります。

また、猫はとてもきれい好きなので、臭いがこもらない換気がしやすい場所にトイレを置くこともポイント。猫のトイレの場所は、ぜひ迎え入れる前に決めておくようにしてくださいね。

予想外の猫トラブルを防ぐために!

猫との暮らしがはじまると、今まで経験したことのなかったことが次々と起こるもの。

実例として、

  • 壁や柱が気に入って爪とぎをしてしまう
  • スマートフォンの充電コードやイヤホンなど、細いコードを見つけたら噛みちぎってしまう
  • ドアや窓を自分で開けて外に飛び出してしまう

猫にとって悪気はなくても、人間にとってはストレスに感じる、このような猫トラブルが起きる可能性があります。

新築を建てたり分譲マンションを購入する場合は、猫の動きや習性を考えたインテリアを専門家に相談したり、猫を飼っている方から事前にリサーチしたことを元に家の設計やリフォームをすることも大切です。

いま住んでいるおうちに迎え入れる場合は、猫が爪とぎをしそうなところに爪とぎ防止の壁紙シールなどを貼っておいたり、この機会にコードを隠す収納などリノベーションを検討するなど、猫トラブルを未然に防ぐインテリアもしっかりと考えましょう。

猫も人もリラックスできる空間を作ろう

猫にとっても飼い主であるわたしたちにとっても、初めて迎え入れるときはお互いに慣れないことばかり。

だからこそ、あらかじめ猫にとっても人にとっても快適な空間を用意しておくことは、猫にとっても人にとっても大切なことです。お互いに癒し癒される環境作りを、ぜひ考えてみてくださいね。

&PETでは、ペットも人も幸せな住まいづくりをコンセプトに愛犬家、愛猫家の皆様の悩みを解決しワンちゃんやネコちゃんも喜ぶ部屋をプロデュースしている他、ペットシッターサービスなどペットと幸せに暮らせるサポートも行っています。


著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。


ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る