横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

愛犬がおもらしするようになった

加齢とともに、愛犬のトイレの失敗が増えてきたと感じる飼い主さんは多いのではないでしょうか?

  • トイレまで間に合わずにトイレ手前で漏らしてしまう
  • トイレの場所を忘れてしまい、フローリングやカーペットでしてしまう
  • 足腰が弱ってきたため、排泄のポーズが取れずに寝たまましてしまう

加齢によりこのようなことが増えてくると、飼い主さんも毎日のトイレ掃除が大変ですよね。

また、愛犬の老いていく姿にショックを隠しきれない時期でもあります。

どこから老化が始まるかは個体差が大きいですが、排泄関係から愛犬の老化を感じる飼い主さんは多いです。

介護の始まりとも言える愛犬の排泄問題、少しでも負担を軽減するにはおむつが有効です。

排泄コントルールが難しくなってきたり、足腰が弱くなってきたら、おむつの導入を検討する時期と言えます。

おむつのメリットとデメリット

排泄コントロールが難しくなってきた愛犬にオムツを履かせれば、飼い主の負担は減ります。
しかし、メリットばかりではないので注意が必要です。

おむつのメリット

・飼い主の負担が減る

愛犬におむつを履かせることで、一番のメリットは飼い主さんの負担が減ることでしょう。

トイレ失敗の掃除や、トイレのための介助などは心身の負担が大きいもの。また、お留守番をさせる時にも安心感がありますよね。

犬のベッドや床の排泄汚れも防げるので、犬の生活環境を清潔に保つことにもつながります。

おむつのデメリット

・おむつ代がかかる
・皮膚トラブルの原因となる場合もある

デメリットとしては、以上の2点が挙げられます。

しかし、常時おむつを着用するのではなく、留守番時や長時間トイレに行っていない時などに限定することで、どちらもある程度解消することができます。

おむつのサイズが合わないとき

犬は超小型犬から超大型犬まで個体差の大きい動物ですし、オスとメスでもおむつのサイズが変わってきます。そのため、犬用のおむつはサイズ展開が豊富に用意されていますが、それでもなかなかフィットしない場合もあるでしょう。

そんな時には以下のような方法で対策します。

おむつに切り込みを入れて調整する

微妙なサイズ調整に適しています。

尿取りパッドを当てる

おむつが小さい場合でも、パッドを当てることで守備範囲が広がります。

赤ちゃん用おむつに尻尾用の穴を開けて代用する

最初は穴を開ける位置が難しいですが、だんだん慣れてきます。コスパも赤ちゃん用の方が良い場合が多いです。

おむつで老犬介護も無理なく

犬も歳をとると、トイレの失敗も増えてきます。

トイレの失敗は、飼い主さんにも大きな負担になってしまいますよね。

上手におむつを取り入れることで、飼い主さんの排泄ケアの負担を減らせます。

しかしずっとおむつを履いていると、蒸れてしまい皮膚トラブルの原因にもなりかねません。こまめにおむつを変える、大丈夫なときはおむつを外して外気に触れさせるようにして、愛犬の皮膚の健康を守りましょう。

著者情報

maitoran(堀江麻衣)

不動産分野全般に執筆実績と関心のあるフリーライター。
2014年に中途で障害を持ち、以来「日々の暮らしの”不便”を”便利”に変える」をモットーに、家づくりについて研究中。
日々、住まいを改造・改築しながら、快適な家づくりを目指している。
趣味:スケート観戦、ハンドメイド(羊毛フェルトでなんでも作る)、間取り図を見ること、旅行。
2匹の犬と暮らして溺愛中。



ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る