横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

猫を飼っている方の中で、必要性について意見が分かれる「猫ケージ」。

猫をケージで飼うことについては「かわいそう」と感じる飼い主さんも多いけれど、いざという時にケージで飼育しておくメリットは多いもの。

そこで今回は、猫ケージのメリット・デメリットを通じて、その必要性についてお伝えしていきます。

猫をケージで飼うデメリットはどんなことがある?

猫にケージを使うことによる一般的に言われているデメリットには、「猫にストレスがかかる」ことがあります。

確かに、長時間ケージに閉じ込めたままだったり、猫の体の割に小さすぎるケージを使う場合にはストレスにつながる可能性は否定できません。

また、いたずら防止のためにケージに閉じ込めたり、ベランダに洗濯物を乾す際に逃げ出さないようにケージに入れたりすると、「ケージ=閉じ込められる場所」と感じる子もいます。

猫は基本的に自由を好む動物ですので、ケージの使い方によってストレスを与えてしまうことは覚えておきたいところです。

ケージ飼いによる猫にも飼い主にもメリットになること

このようにデメリットは確かにあるものの、普段からケージ飼いを慣らしておくことで、メリットを感じられるシーンも多くあります。

ここでは代表的な5つのシーンを紹介します。

環境が変わった時

猫は自分のテリトリーを大事にするため、環境の変化には非常に敏感です。

そのため、引越しなどで環境が変わってしまうと強いストレスを感じてしまう子も少なくありません。

そうした際に、自分のニオイがするケージがあることで安心できるため、新しい環境にも慣れやすいと言われています。

新しい猫を迎え入れる時

新しい猫を迎え入れる際も、環境が大きく変わるシーンの1つ。

新入り猫と先住猫を対峙する際にはケージ越しから徐々に慣れさせていった方が良いため、新しい猫を迎える時の準備グッズとして優先度が高くなります。

参照:二匹目の猫を迎える前に。先住猫と新入り猫の両方のことを考えよう

また、必ずしも先住猫と新入り猫の相性が合うとは限りませんので、普段からケージ飼いしておくことで、相性が合わなかった場合に先住猫が1匹で落ち着ける場所を確保してあげることもできます。

病気や術後の療養中の時

去勢・避妊手術後だったり、病気で具合が悪く安静が必要な時などは、ケージの必要性を特に感じるシーンだと思います。

猫は具合が悪くなると人目を避けた場所でジッとすることが多く、病状の変化を見逃してしまうことも少なくありません。

普段からケージに慣らしておけば、こうした具合の悪い時の落ち着ける場所として、また飼い主である私たちも愛猫を目が届く範囲におくことができるため安心です。

来客中の時

やんちゃな猫や脱走グセのある猫には、特にケージの必要性を感じることが多い来客時のシーン。

荷物が届いた時など、ちょっとしたスキに逃げてしまうリスクをケージがあれば防げます。

また、友人や知人が必ずしも猫好きとは限りませんので、来客中の間ケージに入っていてくれると、人間も猫も安心です。

災害・緊急時の時

「ケージに慣らしておけば良かった」と最も感じるシーンが災害などで猫を連れて緊急避難をしなければいけない時だと思います。

デメリットのところでストレスを与えてしまうとお伝えしましたが、緊急時には閉じ込めておいて「かわいそう」と考えている余裕はありません。

災害の規模によっては、長期間の避難所での生活も余儀なくされるため、普段からケージに慣らしておくことで、少しでも猫がストレスを感じにくい状況を準備することは、飼い主の責任と言えるかもしれません。

愛猫が嫌がらないのであればケージのあるおうち空間も検討してみよう

普段の猫との暮らしの中では、必ずしもケージを使う必要性はありませんが、今回ご紹介したように、いざという時に役立つシーンはたくさんあります。

おうちにケージを置く空間があって、愛猫が嫌がらないようであれば、この機会に猫ケージのある暮らしを一度検討してみてはいかがでしょうか。

&PETでは、ペットも人も幸せな住まいづくりをコンセプトに愛犬家、愛猫家の皆様の悩みを解決しネコちゃんワンちゃんも喜ぶ部屋をプロデュースしている他、ペットシッターサービスなどペットと幸せに暮らせるサポートも行っています。

著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。



ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る