横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

「猫と一緒に暮らすことができれば、どんなに楽しくて癒やされる毎日を過ごせるだろう」

猫を飼いたい方は、今こんな気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

その気持ちは間違ったものではありませんが、猫を飼う前には「命を飼う」という現実もしっかりと考えておきたいもの。

そこで今回は、猫を飼うにあたってかかる「費用」をテーマにお話していきたいと思います。

猫を迎え入れる際にかかる初期費用

猫は飼い始める時の初期費用が最も多くかかります。

  • トイレやケージなどの迎え入れグッズ
  • 混合ワクチン費
  • 避妊・去勢手術費

準備グッズとワクチン費用で約3万円、避妊・去勢手術が1万5000~3万円(病院により異なります)程度ですから、最初にかかる費用は少なくとも7~8万円前後になります。

このように初期費用だけを見ても、猫を飼うためにはそれなりのお金が必要ということがわかります。

猫を飼う際に年間でかかる費用

次に年間でかかる費用はどうでしょうか。私たち人間と同様に毎日ご飯も食べますし、飼い主として定期的に健康診断やワクチン接種にも連れていかなければいけません。

  • キャットフード、おやつ代
  • 猫砂
  • 爪とぎ
  • 混合ワクチン接種費用

これら必要最低限かかる費用で年間約6~7万円程度かかると言われていますが、この他にも意外と増えるのが光熱費です。

例えば、夏や冬に使用する冷暖房器具は、私たちが家を空ける際でも猫のために必要なので、人間だけの生活時と比べると、約1.5倍程度余計にかかります。

こうした間接的にかかる費用も加えると、猫と生活する際には年間10万円前後になると考えておくとよいでしょう。[1]

臨時で必要となる費用

猫も私たち人間と同様に、生活する上で臨時に必要となってくる費用も様々あります。

  • 健康診断
  • 療養食のフード
  • 病気やケガの治療費
  • 旅行や出張など家を空ける際のペットホテル・シッター料金
  • トリミング費用(長毛種の場合)
  • 爪とぎや粗相などによる家の修繕費

猫の個体や健康状況によっても違いますし、あなたの生活環境によっても必要なお金は違ってきます。

とくに病院の受診や治療費には保険がありませんので、大きな手術の場合には数十万から場合によっては数百万かかることもあります。

日頃から備えておくのであればペット保険に加入することも検討しなければいけませんし、こうした臨時出費のウエイトは想像以上に高いため、猫を飼う前には「猫を飼う余裕があるのか」をしっかりと見極める必要があります。

猫と一生幸せな関係でいられるために

「令和2年 全国犬猫飼育実態調査 [2]」によると、猫の平均寿命は15.45歳、生涯必要経費は最低でも120万円ほどかかると言われています。

この金額を多いと思うか、少ないと思うかは個人の感覚によって違いますが、現実としてお金を理由に飼育放棄をして保健所に連れられてくる猫は後を絶ちません。

猫と暮らすことが私たちの生活を豊かにすることは間違いありませんが、「家族」が増えることでもあります。

猫を飼う前には「その子の生涯に責任を持てるか」、この点をしっかりと考えることも忘れないようにしましょう。

参考文献

[1] ペットにかける年間支出調査 2019
[2] 令和2年 全国犬猫飼育実態調査

著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。



ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る