横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

まもなくしたら、おうちに新しい家族が増える。猫が我が家に来るまでの時間は待ち遠しいものですよね。

でも、お迎えするまでにはただ待っているだけじゃなくてしっかりと準備をしておくことが必要です。

そこで今回は、猫を飼う前に準備しておく物についてご紹介します。

猫がおうちに来るまでに必ず準備しておく物とは

猫をおうちに迎え入れるまでに予め準備しておきたいこと、必要な基本アイテムを見ていきましょう。

猫を初めて飼う方であれば、全て揃えておくと安心して猫との暮らしをスタートできますので、ご参考ください。

ケージ

猫は非常に警戒心の強い動物です。初めてやってきたおうちは自分のニオイも全くしない未知の世界。

そのため、自分のテリトリーを作ってあげるために猫用のケージを用意しておくことをおすすめします。

トイレ(トイレ砂)

基本的に猫はトイレを教えなくてもトイレの場所さえしっかり用意しておけば自然とそこで用を足してくれるもの。

猫を迎え入れるまでに、猫専用のトイレの場所を決めておくようにしましょう。

また、猫トイレと同時に猫砂も合わせて用意しておきます。猫砂は色々と種類があり、猫の好みもありますので数種類試してみることをおすすめします。

爪とぎ

猫の習性でちょっと飼い主さんを悩ますのが爪とぎ。とくに賃貸暮らしだと壁や床で爪とぎをされてしまうと困ってしまいますよね。

一度でも爪とぎしやすい場所を見つけてしまうと繰り返しそこでするようになってしまいますので、爪をとぎそうな壁や柱には爪とぎ防止シートを施すなど対策をしておきましょう。

また、その代わりとして爪とぎグッズを揃えておくことも忘れずに。最近は素材や形状もさまざまな物がありますので、猫と暮らしはじめてからも色々と試してみてくださいね。

水とご飯のお皿

毎日使う水入れとご飯用のお皿も最初に用意しておく物ですが、これらを置く場所を決めておくのも大事なこと。

神経質な猫は毎回ご飯やお水を飲む場所が変わるだけでもストレスに感じてしまいますので、トイレと同様に食べたり飲んだりする場所は固定しておくとよいでしょう。

キャットフード

カリカリ系のドライフード、水分の多いウェットフード、1粒の大きさが大きいものや小さいものなど、キャットフードの種類もさまざまです。

また、猫によってフードにも好き嫌いがありますので、最初は500g前後の少量タイプのフードをいくつか購入して、好みのフードを見つけるのがポイントです。

キャリーケース

お迎え用や猫を病院に連れて行く際に欠かせないキャリーケース。

おうちのスペース上、ケージを設置することができない場合は、キャリーバッグを隠れ場所や寝床代わりとする方法もあります。

普段からキャリーケースに慣らしておくと、いざ病院に連れて行かなくてはとなった時にすんなりと入ってくれるメリットもあります。

首輪

本来は猫に首輪は必要ないもの。ただ、おうちから脱走したり、迷子になった際には首輪をしていることが助けになることが多いです。

とくに猫を初めて飼う方は、猫の行動に慣れていないために逃してしまうケースも多いですので、名前や連絡先を記載できる首輪を用意しておくと安心です。

猫の性格がわかってきたら買い足した方がよいもの

猫が来ると思って気合を入れて全部揃えてしまう方もいらっしゃいますが、猫の性格によって買ったはいいけど結局使わないという物も少なくありません。

そこで続いては、猫の性格に合わせて買い足していった方がよいグッズ・アイテムをご紹介します。

おもちゃ

猫との距離を縮めるためには一緒に遊んであげるのが一番なので、猫のおもちゃもあると便利。

ただ猫の性格によって全く興味を示さない猫もいますので、最初は1つ、2つ購入して少しずつ買い足していくとよいでしょう。

猫ベッド

猫ベッドは予め用意しておくと失敗しやすいアイテムの1つ。よかれと思って購入した猫ベッドを全然気に入ってくれないことがしばしば起こります。

なくても困るものではないので、猫がおうちに慣れてきて好きな場所や素材がわかってきたら必要に応じて用意してみてはいかがでしょうか。

キャットタワー

高いところを好む猫のためにキャットタワーを購入しようと思う方も多いのではないでしょうか。

おうちの中に十分なスペースがあれば予め用意してもよいですが、部屋が狭い場合は障害物となって危険な場合もあります。

とくに子猫を迎え入れる際は高いところから上手に降りられなくてケガをしてしまうケースもありますので注意が必要です。

新築やリフォームを予定している方へ。いずれ猫を飼うならば

猫とはじまる新しい生活もしっかりと準備をしておけば安心です。

もしこれから家を建てる方やリフォームを予定されている方で、近いうちに猫を飼いたいと思っているのであれば、予め猫にとって快適な住まいの設計しておくとよいでしょう。

例えば、

  • 足に優しいクッションフロア
  • 爪とぎしにくい壁紙
  • キャットドア
  • 脱走防止の窓や玄関

このような猫に寄り添った住居にしておけば、いつでも安心して迎え入れることができます。

&PETでは、ペットも人も幸せな住まいづくりをコンセプトに愛犬家、愛猫家の皆様の悩みを解決しネコちゃんやワンちゃんも喜ぶ部屋をプロデュースしている他、ペットシッターサービスなどペットと幸せに暮らせるサポートも行っています。

著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。



ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る