LINEで送る
Pocket

愛犬に少しでも健康で快適に生活をして欲しいと願ううえでトリミングは欠かせない習慣です。
トリミングは一見単なるお洒落、趣味と勘違いされてしまうこともありますが、実は健康管理において重要な意味をもっていることを知っておきましょう。

トリマーは第2のドクター?「トリミング」の意義とは

愛犬に触れる時、体のどの部分に触れていますか?
頭?耳?背中?
気が付けば毎日、毎回同じ部分に触れるだけで終わってしまっていませんか?
トリマーはトリミング作業を行ううえで愛犬の体の隅々まで素手で触れ、全身の皮膚や被毛の根本にまで目を配ります。
このことで腫瘍や皮膚トラブル、脱毛など些細な異変を早期に発見することが出来ます。日ごろ家族が触れることのない愛犬の脇や脇腹、内股、尾の先端に腫瘍が出来ることもあるので、定期的なボディチェックもかねてぜひトリミングショップを利用しましょう。

トリミングが必要な犬種

犬の被毛には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは一定の長さまでしか被毛が伸びないタイプ。もう1つは数年という長いサイクルで被毛が伸び続けるタイプです。
このタイプの犬種と言えば
・プードル
・シュナウザー
・シーズー
・ヨークシャーテリア
などが代表的です。これらの犬種は月に一度程度を目安にトリミングショップを利用してシャンプーやカット、お手入れを済ませてあげましょう。

ただ被毛が一定の長さまでしか伸びない犬種の中でも
・ポメラニアン
・パピヨン
・キャバリア
・柴(日本犬)
は被毛の毛量が多く抜け毛が多いので自宅でのシャンプーでは乾燥が不十分になりがちです。特に春や秋の換毛期と呼ばれる時期は抜け毛が数倍にも増えるのでトリミングショップを利用してスッキリとしてあげると快適に過ごすことが出来ます。

愛犬の魅力を引き出す「トリミング」とお手入れのための「グルーミング」

「シャンプーは自宅で済ませています」という方は、特に下記のお手入れも出来ているかを考えてみてください。
・爪切り
・耳掃除
・肛門腺絞り
・足裏の被毛のカット
これらのお手入れも毎月定期的に必要です。日々快適で健康に生活をするために必要なお手入れは「グルーミング」とも呼ばれています。
プードルやシーズーの様に被毛が伸びるタイプの犬種は耳内部に生えている被毛を引き抜くお手入れも欠かせません。トリミングショップではこれらのお手入れを単品メニューとして数百円で引き受けてくれることが多いので、愛犬が嫌がる項目だけでもプロにお任せする方法もおすすめです。

「トリミング」の重要性を知って愛犬に

犬も性格や体質は様々です。同じ犬種だからといって皆が同じヘアスタイルに向いているとは限りません。トリマーは様々な技法を用いてそれぞれの犬達がより快適に生活できる方法を提案することが出来ます。
まずは飼い主さんの要望、希望を素直に伝え、どのような選択肢があるのかを相談してゆきましょう。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る