LINEで送る
Pocket

猫との生活の必需品と言えばキャットタワーでしょう。キャットタワーには大小様々な種類がありどのように選べばいいのか迷うという声も多々あります。なぜ猫にキャットタワーが必要なのかを正しく理解すると、選ぶべきキャットタワーの形が自然と思い浮かぶでしょう。

キャットタワーはなぜ猫の注意を惹きつける?

キャットタワーを自宅に置く理由は?と聞かれ「なんとなく」「薦められたから」という事はありませんか?キャットタワーは猫の必需品とは言われるものの、意外にサイズが大きく、存在感がある製品です。できれば猫に満足してもらい、リビングの雰囲気とも調和のとれる製品を選びたいものです。
実は猫にはキャットタワーが必須なのではなく、「高い場所」が必須です。「高い」という表現には、共に生活をする人間や他の動物と目線を合わせない程度の高さという意味があります。
猫には群れを作らず単独で生活をする習性があります。そのためたとえ家族であっても日々の生活の中で不意に目線があうことで一定の緊張を感じてしまうのです。そのため誰とも目線を合わせずに済む高い場所で自身が過ごすことで、周囲に警戒心や緊張感を抱くことなくリラックスすることが出来ます。そのための場所がキャットタワーなのです。
またマイペースな生活を好む猫にとって、飼い主の生活リズムは時には慌ただしすぎるのでしょう。高い場所で我関せずに過ごすことが出来ることは何よりの至福の時です。このような猫の習性を満たすためにキャットタワーやキャットステップと呼ばれる設備を整えてあげましょう。

キャットタワーに求められる「好奇心をくすぐる構造」と性能

キャットタワーは適度に猫の運動能力を発揮させ、好奇心を刺激する仕組みがあると、猫がいつまでもお気に入りの場所として活用してくれます。
例えば
・猫が軽くジャンプする程度の距離感がある
・踊り場部分に十分なスペースがある
・安定感がある
・身を隠すスペースがある
・人間の手が届かない高さにある
・周囲をよく見渡せる
猫は大変優れた運動能力をもっています。しかしそのような猫であってもしっかりと狙いを定め飛び移る程度の高さ、飛距離があると無事に飛び乗れた時の達成感があり猫が満足してくれます。
昇降がスムーズな様にと段差を低くしたり、飛距離を短くするとかえって退屈に感じ、関心を示してくれません。
また猫には狩猟本能が色濃く残っているので、高い場所から周囲を見渡したり、身を隠して様子をうかがうことで好奇心が満たされます。キャットタワーの踊り場部分や段差部分に適度なスペースを設けてあげましょう。
子猫の場合、健全な身体の成長には上下運動がかかせません。将来的に習慣化するためにも当面は飼い主がオヤツやオモチャで誘導しキャットタワーの遊び方を教えてあげましょう。

&PETの注文住宅で、理想のキャットライフを叶える

市販のキャットタワーは猫のサイズに合わない、家具と色調が合わないなど様々な課題が残りがちです。でもあらかじめ猫との生活を想像しながら考えたキャットタワーならば、きっと素敵な時間を過ごすことが出来るでしょう。
例えばカーテンレールの上部に猫の為の通路を作ったり、階段部分を活用しキャットタワーにアレンジをしたり、リビングの壁面にステップ式のキャットタワーを作れば、猫のアスレチックに目をやりつつ休日を過ごすことも出来ます。ぜひオリジナリティーあふれるキャットタワーで癒し時間を満喫しましょう。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る