LINEで送る
Pocket

初めてにチャレンジ!犬連れだからこそできる旅に出かけよう

愛犬とのお出かけは近所の公園?ドッグラン?気が付けばいつも同じコースに収まっていませんか?でも今犬連れOKな施設は全国各地に増えています。犬連れ旅行は大変・・・自分には無縁といった先入観を捨て、今度の休日にぜひ挑戦してみませんか?

犬と旅行に行く前の準備 ~持ち物編~

犬連れの旅行を成功させるには、事前の準備を万端に済ませておくことが重要です。
ここでは必ず持参したいアイテムをご紹介させていただきます。
〇フード、食器
〇水筒(飲み水)
〇キャリーケース
〇迷子札
〇トイレ用品
〇愛犬が使いなれたタオルやマット
〇愛犬の全身が映っている写真
〇混合ワクチン、狂犬病予防注射摂取済証明書
〇嗜好性の高いオヤツ
ペットの宿泊が可能な施設ではアメニティとしてトイレ用品やペット用ベッドが完備されていることも増えています。しかし慣れない環境では愛犬がトイレを失敗してしまうこともあれば、準備されているベッドを嫌がることもあるでしょう。もしもの場合も考え、予備として愛犬が使いなれているものを持参しておくと、飼い主の気持ちにも余裕が生まれます。
迷子札、ワクチン証明書、愛犬の写真は万が一の場合の備えです。思わぬ怪我をした時、体調を崩した時、迷子になってしまった時に素早く適切な対応が出来るように持参しておきたいアイテムです。
キャリーケースは単なる移動用だけではなく、旅行中は様々な場面で活躍してくれる必須アイテムです。
ペット同伴OKという宿泊先でも、中にはレストランはペットNGということも珍しくありません。温泉であれば飼い主の入浴中は愛犬を部屋で留守番させておく必要もあります。
このような時、慣れない室内に愛犬を残し出掛けることは様々な不安がよぎるものです。時には予測不可能な事態が起こることもあります。
愛犬が安心して留守番が出来るため、飼い主が安心して自分のための時間を過ごすためにも、部屋に愛犬を残す時はキャリーバックに入れ過ごさせましょう。
このような使い道を想定し、キャリーバックはプラスチック製の製品を選び持参しましょう。

旅行先でのマナー、ここに注意

旅行を満喫し、素晴らしい思い出を残すためには、飼い主自身が周囲への気配りを意識し、マナーを身に着けておく必要があります。
具体的には
〇飲食店では愛犬の待機場所は飼い主の足元
(椅子の上や飼い主の膝の上には乗せない)
〇店舗や施設内に愛犬を同伴させる際は事前に屋外で排泄を済ませておく
(マーキングの心配がある場合はマナーベルトを着用させておく)
〇無暗に他犬に近づけない
(犬同士の触れ合いは、相手の了解を得てから進める)
〇他犬にオヤツのお裾分けはしない
(アレルギーなどの危険性があるため)
もちろん愛犬のトイレの後片付けは飼い主の責任として徹底しましょう。
また写真や動画の撮影にもお互いに配慮が必要です。自身が撮影をする場合はもちろん相手の了承を得ましょう。相手が撮影をする場合、中にはSNSへの投稿を無断で行ってしまう方もいるので、無暗に応じることはせずに丁寧に対応をしましょう。
実は、犬との旅行は国内に限るものではありません。ペットを国外へ連れ出す際の手続きが簡略化されたことで、海外旅行へ愛犬を同伴する方も増えています。
ただ海外では日本とマナー、特にしつけの面で異なる点が多いことが重々承知しておきましょう。
犬が最も幸せに暮らせると言われるドイツでは、公共交通機関はもちろんレストランや本屋など日常生活の様々な場面に愛犬を同伴させることが可能です。
厳重な鎖がなく、ノーリードで連れ歩く方も大勢います。
このような生活スタイルに憧れ、愛犬を連れてドイツ、ヨーロッパ旅行をと考える日本人の方も増えています。
ただドイツでこのような生活スタイルが受け入れられている背景には、飼い主の徹底したしつけがあるからこそです。ドイツの犬達を見ると、日本のように無暗に吠える犬もいなければ、飼い主の前を歩きぐいぐいとリードを引っ張り続ける犬もいません。飼い主が小型犬を長時間抱きかかえ歩くことも滅多に見かけない光景です。
犬と人とが上手に共存し、飼い主の責任のもとで周囲に迷惑をかけないこと、不快な思いをさせないことを満たした犬だからこそ、飼い主といつでもどこでも一緒というスタイルと実践することが出来るのです。海外ではどこへでも愛犬同伴で足を運ぶことが出来るという表面的な情報だけを受け入れてしまうのではなく、その背景もしっかりと理解することが大切です。
愛犬のしつけもただ漫然と取り組むのはなかなか退屈なものでしょう。
でもいつかは愛犬と一緒に海外旅行へという大きな目標があれば、しつけへの取り組みもより楽しく感じられるのではないでしょうか。

初めての犬連れ旅は意外に簡単

愛犬との旅は気にはなっていたものの、なかなか踏み切れない・・・という方も多いでしょう。でも犬は飼い主の気持ちにとても敏感です。飼い主が不安や緊張を抱きつつ、旅行をしているようでは当然愛犬も同じ感情を抱いてしまいます。
事前の準備を万端にすることで、きっとお互いに素晴らしい時間を過ごすことが出来るでしょう。気が付けば、愛犬との旅が毎年の恒例行事になると、きっともっと犬との生活は楽しく充実したものになるはずです。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る