LINEで送る
Pocket

犬と暮らす家つくり

今や、犬と暮らしている人のほとんどは、犬を家族の一員だと考えているのではないでしょうか?
犬を家族の一員だと考えると、必然的に家づくりにおいて人間が過ごしやすい生活空間ということだけでなく、ペットも過ごしやすい生活空間のどちらも両立させたいと考えるのは自然な流れだと思います。

今回は、そのようにペットも家族の一員だと考える方のための、家づくりのポイントを押さえた記事になります。

「インナーテラス」で程よい距離感を

大切な家族の一員である愛犬ですから、家にいるときはなるべく一緒にいる時間を大切にしたいものですよね。
しかし、家事や仕事や用事をこなすときは、ちょっと犬と離れて用事をこなしたいというシチュエーションも出てきます。
また、常に一緒にいると犬も分離不安になってしまう可能性もあります。

もし、インナーテラスがあれば、愛犬とちょっと離れて用事をこなしたいときに、適切な距離は取れるが、隔離するわけではないという良い距離感を保つことができます。

インナーテラスとは、文字通り屋内にあるテラスの事です。
屋根が付いているので天気が悪い日でも利用できるのがメリットです。

インナーテラスを犬専用の場所にする事もできますが、人間家族もそこでゆったりとくつろいだり、また洗濯物を干すのに利用したりと活用方法は様々です。

人間にも犬にとっても心地良い空間を作ることができますよ。

危ないところには行けないつくりに

今は特に都市部ではほとんどの方が室内で犬と暮らしています。
しかし、室内には犬には危険な場所が沢山あります。

例えば、キッチンなど火や包丁を使う場所では、もし留守中に何かあれば大変なことになってしまいます。

簡易的な柵で犬が入らないように対策をしている方もいらっしゃいますが、犬はとても賢く力も強いので、人間が大丈夫だと思っても簡易な柵では突破してしまう可能性があります。

(特に美味しそうな匂いを嗅ぎつけた時には思いもよらない力を発揮するものです…。)

そのためにも、設計の段階からしっかりとキッチンのような犬の立入禁止の空間を区切ることができるつくりにする必要があるのです

また、それが人間の生活に支障をきたさない様にする工夫が必要です。

人間は簡単に開けられるけど犬にはできない構造を取り入れる必要があります。

犬との生活を思い描く

家を建てる際には、その家での犬との生活をクリアにイメージをすることがとても大切です。

どのような生活スタイルで、どこでご飯をあげて、どこにトイレのトレーを置いて…など様々なことを計画して家の設計に取り入れれば、生活が便利になります。

例えば、トイレスペースには少しトイレシートをストックできる棚を作るなど、後から困らない様な家つくりを考えてみてはいかかでしょうか?

犬と人間が快適に過ごせることだけでなく、犬の世話をする人間が世話をしやすいような環境造りもとても大切な要素です。

犬も人間も過ごしやすい空間こそが真のペット共生型住宅

犬も人間も過ごしやすい家づくりは、より犬と人間の絆を深めることにも繋がると&PETは考えています。

過ごしやすい環境は、人間にも犬にも健康の為にとても重要な要素でもあります。

犬にたっぷりと愛情を注ぐことができ、さらに人間にとっても過ごしやすい家造りは、お互いの絆を深め、健康年齢を引き上げることにも繋がってくるでしょう。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る