LINEで送る
Pocket

犬の室内飼いで怖い「誤飲」による事故

室内で犬と暮らしていると、人間の食べ物を犬が食べてしまう可能性は外飼いよりも高くなります。
外飼いの場合は、犬の手の届く範囲に危険な人間の食べ物はありませんが、人間と同じ空間に過ごす室内飼いの場合は、どうしても人間の食べ物に手が届いてしまうこともあるでしょう。

カワイイ瞳で見つめられるとついつい人間の食べ物も与えたくなってしまうものですが、人間にとっては美味しいもの、健康に良いものであっても犬にとっては有害な食べ物かもしれません。

研究により、犬に与えてはいけない食物、注意するべき食物について、昔よりも分かってきています。
これから初めて犬を飼う方も、昔飼っていた方も、今一度犬にとって有害な食べ物をチェックして、愛犬の命を守りましょう。

犬にとって有害な食べ物

犬にとって有害な食べ物を紹介していきます。

玉ねぎ

玉ねぎは様々な情報番組で健康を促進してくれると謳っているほど、人間の身体には良いものですが、犬にとっては有害な食べ物の一つです。
また、犬だけでなく猫、ハムスター、フェレット、インコ等他のペットにも有害ですので、ペットには玉ねぎを与えないように注意しましょう。
少量でも中毒症状を起こす危険性があるため、玉ねぎの入った料理、エキスを使用したものも避けるべきです。

チョコレート

人間にとっては甘くて美味しいチョコレートですが、犬にとっては有害な食べ物で、場合によっては死に至ることもあるほどの毒性があります。
これは、チョコレートに含まれる「テオブロミン」が原因で、カフェイン中毒と同じような症状を引き起こします。
犬は人間よりもこの物質に過剰反応を示し、また分解する能力も低いので絶対に食べさせないようにしましょう。
万が一誤飲してしまった場合はすぐに病院へ連れて行きます。

キシリトール

人間の歯の健康を保つと言われるキシリトールも、犬にとっては有害だと言われています。
人間用のガムの中には、商品名に「キシリトール」の記載がなくても成分に入っている場合があるので注意が必要です。

アボガド

アボカドに含まれる「ペルジン」という成分が犬にとって有害だと言われています。
しかしその有害性には諸説あり、アボカドを使用したドッグフードを販売しているメーカーもあるほどです。
アボカドに含まれる「ペルジン」は、品種によって含有量が異なるようで、フードに使用されているものは含有量が少ない品種を使用しているようです。
一般的に日本のスーパーで売られているアボカドは「ペルジン」が多く含まれているので、フードにあるから大丈夫と犬に与えないようにしましょう。

また、有害物質への反応は個体差が大きいため、アボカド入りフードで体調に支障をきたした場合は与えないようにしましょう。

上記の食材の他、メカニズムは不明ですが、中毒症状が観測されている食材には以下のようなものがあります。

  • ナッツ
  • ぶどう・レーズン
  • アルコール類
  • お茶やコーヒー等

このような食材は犬が誤飲しないように手が届く場所に置かないようにしましょう。

この他、犬にもアレルギー食材がある場合もありますので、アレルギーを持っている場合は個別の対応が必要になります。

愛犬に降りかかる危険は飼い主が払う

犬は危険な食べ物が何かわかりません。
大好きな飼い主さんが食べているものは美味しい、安全だと思って、おねだりしてみたり、もしかしたらゴミ箱をあさって食べてしまうかもしれません。

飼い主がしっかりと注意して誤飲を防ぐ必要があります。
犬の中毒症状は犬種によって程度も違い、研究もまだ進行途中ですが、今の段階で分かっているものには細心の注意を払いましょう。英語に堪能な方でしたら、アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)の毒物管理センターの情報を参考にするのも1つの手段です。

・Animal Poison Control _ (888) 426-4435 _ ASPCA(英語)

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る