横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

普段の愛犬の食事は手作り派の方や、フードに新鮮な食べ物をトッピングする派の方々の悩みといえば、「この食べ物、犬にあげても大丈夫?」ということではないでしょうか?

美味しい食べ物、旬の食べ物、栄養価の高い食べ物、こんな食材は愛犬と美味しさを共有したくなりますよね。
しかし、人間と犬では食べられる食材が異なることも多いです。

今回の記事では、冬が旬の野菜・果物の中から、犬に与えることができる食材、NGな食材をご紹介します。

冬の食材、愛犬と一緒に食べられるものは?

冬が旬の野菜・果物、冬の定番食材で、犬に与えても大丈夫な食べ物はたくさんあります。
しかし、与え方や量に注意しなければならない食材もあるので、注意が必要です。

食べられる食材

・白菜
冬の定番野菜、白菜は犬に与えてもOKです。
生でも大丈夫ですが、茹でた方が食べやすいです。
与える時は、味付けはせずに与えます。

・大根
大根も冬の定番野菜の一つで、カリウムやビタミンなど栄養も豊富です。
大根おろしにして生のままフードにかけたり、スープにして煮込んで与えたりバリエーションも豊富です。

・人参
βカロテンの含まれる人参は、犬にも与えて良い野菜です。
与える時は火を通してあげましょう。蒸し野菜やスープがオススメです。

食べられるけど食べ方、量に注意な食材

・焼き芋
芋は好物という犬も多いですよね。
食物繊維やビタミン類が含まれて栄養豊富ですし、犬も食べられる食材です。
しかし、糖分が多いので与えすぎには注意する必要があります。

・甘酒
発酵食品である甘酒は、種類を選べば犬に与えてもOKです。
犬に与える場合は、アルコール、塩分、糖分が使用されていないものを選びます。

犬には与えてはダメな冬の食べ物は?

・ネギ類
ネギ類は犬に与えると血尿等を引き起こす場合もあり、少量でも与えてはいけません。
ネギの入っている鍋等は成分が溶け出しているため厳禁ですし、ハンバーグ等細かく刻まれているものも十分注意する必要があります。

・エビ・カニ等の甲殻類
カニやエビは冬の鍋に入れる定番食材とも言えますが、甲殻類は犬に与えてはいけない食材と言われています。
諸説あり、加熱して少量であれば問題ないという説もあるようですが、消化不良を起こしたり、アレルゲンになりやすかったりする食材なので、与えない方が良いでしょう。

・ココア

ココアは、犬に与えてはいけないと言われるチョコレートと原料が同じです。
また、ココアに含まれる人間用の牛乳も消化ができない犬が多いと言われています。
犬に注意が必要な食材がダブルで入っているので、与えないように気をつけましょう。

与えてもOKなものでも与えすぎには注意!たまには冬の味覚を愛犬と共有しましょう

せっかくの美味しい冬の味覚、もし可能であれば愛犬と美味しさを共有したいですよね。
しかし、愛犬の健康を損なっては本末転倒です。
与える前に、その食材は犬に与えても大丈夫かを今一度確認し、大丈夫な食材であっても、与えすぎには注意しましょう。


著者情報

maitoran(堀江麻衣)

不動産分野全般に執筆実績と関心のあるフリーライター。
2014年に中途で障害を持ち、以来「日々の暮らしの”不便”を”便利”に変える」をモットーに、家づくりについて研究中。
日々、住まいを改造・改築しながら、快適な家づくりを目指している。
趣味:スケート観戦、ハンドメイド(羊毛フェルトでなんでも作る)、間取り図を見ること、旅行。
2匹の犬と暮らして溺愛中。


ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る