LINEで送る
Pocket

愛犬と触れ合えるスキンシップの大切さ

愛犬と触れ合う時間は、飼い主にとっては何より癒しの時間になるでしょう。
特に子犬にとっては、スキンシップはしつけの一環にもなるようなとても大事な習慣です。
とはいえ、常時スキンシップを取るわけにも行きませんし、メリハリがない状態でのスキンシップは、犬のいいなりになってしまうこと、犬に下に見られてしまうことにつながりかねません。
上手なスキンシップの方法を理解し、お互いの関係性をより豊かな形に変えてゆきましょう。

喜んでもらえるスキンシップの種類

犬はスキンシップを通じて触れ合うことで、より深く飼い主からの愛情を実感できます。もちろん日々のシチュエーションに合わせてスキンシップのスタイルは様々でしょう。それぞれの方法にどのような意味があるのかをご紹介させていただきます。

撫でる

最もポピュラーな方法でしょう。日々の生活でふとした瞬間に撫でてあげることも多いでしょう。しつけのご褒美におやつを用いなくても、ただ撫でるだけでも同じ効果があると言われるほど、撫でることには深い愛情表現の意味があります。
犬は

  • 耳の付け根
  • あご
  • 首回り
  • 首から背中にかけて
  • お腹

を撫でられるとうっとりとした表情を見せてくれます。実はこの部分は全て犬にとっての急所です。急所をあえて相手にさらす無防備な姿勢になるという事から、如何に犬がリラックスしてくれているかがうかがえます。もちろん犬がリラックス出来ているという事は、飼い主自身がリラックス出来ていることも意味します。

マッサージ

実は犬も日々の生活で肩こり、腰痛、関節痛を抱えています。全身をゆっくりとしたペースでマッサージしてあげると凝り固まった筋肉がほぐされ、血流が促進し疲れを癒すことが出来ます。
また便秘に悩む場合は下腹部を軽くマッサージしてあげると解消することもあります。

抱っこ

犬は何歳になっても甘えん坊なものです。たとえ中、大型犬でも時には抱っこをせがむことあるほどです。抱っこをしてあげることで、思い切り甘えさせてあげましょう。もちろん飼い主の負担にならないように床に座った姿勢で抱っこしてあげるだけでも十分な癒し効果があります。

ブラッシング

ブラッシングは単なるお手入れだけでなく、皮膚を刺激することで新陳代謝の向上につながったり、病気の早期発見の意味もあります。もちろんブラッシング自体にもスキンシップの意味があります。
適度な皮膚への刺激は犬にとって快適なものです。ブラッシングを苦手とする場合はあえて優しく、ゆったりとした声で話しかけながら進めてあげると、愛犬もリラックスしながら受け入れてくれます。

バランスのとれたスキンシップで、愛犬と穏やかな時間を

スキンシップが十分にとれていると、犬にとってもストレス軽減になり、飼い主が自宅にいる間も、執拗に遊びをせがんでくるようなことは少なくなってくると言えるでしょう。
しつけの一環としても、そして、愛犬との癒しのふれあいの時間としても、良いスキンシップができるようにしたいものですね。
特に高齢になってからのスキンシップにはとても大切な意味があります。気が付けば愛犬に触れる時間が減ってしまっていませんか?これからはぜひスキンシップの時間を増やしてあげましょう。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る