LINEで送る
Pocket

ペットを家族に迎え、楽しい時間が増えたものの、一方で掃除の手間も増えてしまって・・・という声が多々あります。
実はトリマーの仕事は犬の抜け毛をいかに取り除くか、いかに店内を清潔に保つかに常に気にかけています。家庭でも役立つお掃除の方法をご紹介させていただきます。

掃除の手間を軽くするとストレスも軽くなる

犬の抜け毛はふとした時に目につき、ストレスに感じることが多いでしょう。掃除機をかけた直後、粘着ローラーで掃除をした直後にもどこからともなくふわふわと舞飛んでくる抜け毛に終わりのない疲労感を感じます。
犬の抜け毛はとても軽いので、家族が歩く時はもちろん掃除機、エアコン、扇風機の風で舞い上がります。掃除をした直後にまだ抜け毛があったと感じる理由は、風で舞い上がった抜け毛が原因です。
日々の掃除は
・ワイパー式の掃除用品であらかじめ抜け毛を取り除いてから掃除機をかける
・窓を開け換気が出来る状態で掃除機をかける
・家具の隅、壁際、窓のレールなど抜け毛は部屋の「隅」を重点的に掃除する
・小さな子供がいる家庭では湿らせた布で拭き掃除をすると効果的
です。

繊維製品についた抜け毛は「ゴム手袋」が大活躍

ペットの抜け毛の掃除にはキッチン用「ゴム手袋」が大活躍してくれます。100円ショップで販売されている厚手のゴム手袋を活用しましょう。
ゴム手袋をはめ
・寝具
・カーペット
・ソファー
・衣類
・タオル
などを軽く撫でてみましょう。
抜け毛がまるで消しゴムのカスのように丸まり、簡単に取り除くことが出来ます。
掃除後のゴム手袋は水で洗い流せば表面についた抜け毛を簡単に取り除くことが出来、繰り返し掃除に活用出来ます。
この方法は、トリミングショップでも活用される定番の方法です。
トリミングショップでは作業中のエプロンはもちろんスタッフの衣類、使用しているタオルなど至るところに犬に抜け毛が付着します。
手で払ってもなかなかとり切れない、粘着ローラーを都度利用していては費用が嵩むという理由から、ゴム手袋を活用しています。

■気になるトイレは「トレー」の丸洗い、天日干しが必須
愛犬のトイレトレーはいくつ用意していますか?大抵のご家庭では1個だけでしょう。
でも気になるペット特有の臭いはトイレも原因の1つです。
トイレトレーはプラスチック製なので、こまめに水で丸洗いし、天日干しをしましょう。天日干しをしている間も愛犬が利用できるように、これからは洗い替え用に2個用意があると便利です。
トイレシーツの上できちんとトイレを済ませている場合でも、家族の気が付かない間にはみ出してしまっていることもあります。トイレトレーの窪み部分に抜け毛や汚れがたまっていることもあります。些細な点ですが、この部分の掃除を徹底するだけでも、気になる臭いの軽減につながります。

毎日の換気が効果絶大

ペットの臭いに家族はつい無頓着になりがちです。毎日暮らしている中で臭いに慣れが出てしまうのは仕方がありません。
でも来客からは不快な臭いが充満していると思われてしまう場合もあります。
ペットの臭いは日々の生活で室内にある繊維製品や壁紙などにも吸着されています。この臭いを軽減するには、まず「換気」を心掛けましょう。
室内に滞留している臭いのついた空気を屋外に排出し、新たな空気と入れ替えます。マンションなど常設の換気口がある場合は24時間の稼働をおすすめします。
芳香機の活用も効果的ですが、すでに臭いが付いている空気に新たな香りをつけ足しても根本的な解決にはなりません。
朝夕の換気はもちろんのこと、天気のいい日は数時間おきに窓を開け換気を心掛けましょう。
空気の流れが滞りやすい場所、愛犬がいつも過ごす場所、サークルやトイレトレー付近は小型の扇風機を設置し、窓側に空気が流れるように稼働させるとより換気効果を高めることが出来ます。

掃除機の排気にも要注意

少しでも室内を清潔にと思い、こまめに掃除機をかける場合、その排気にも十分注意しましょう。犬の抜け毛や吸い込んだ埃は時間が経つにつれて雑菌が繁殖し悪臭を放ちます。
紙パック製掃除機の場合、紙パック内に数日分のゴミが入ったままの状態になっていませんか?内部で雑菌が繁殖している状態で、通電させ熱を加え、強い風を送ることで排気口から室内に雑菌が放出されることになります。
掃除の紙パックは小まめに交換をするか紙パック不要の掃除機を利用し使用の都度ゴミを片付ける方法を検討しましょう。
残念ながら犬が暮らす環境にロボット掃除機は必ずしも効果的ではありません。犬の抜け毛は室内の隅に集まりやすい上に、ロボットの稼働によって舞い上がってしまいます。その上カーペットや繊維製品の奥に絡まり必ずしも掃除機で取り除ききれないという声が多く聞かれています。
日々の掃除は時間を見つけ、こまめに、ピンポイントに抜け毛が集まりやすい場所を掃除しましょう。

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る