横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

&PETライターのFumi.Tです。

前回こちらの記事で自己紹介をさせていただきましたが、私は現在鹿児島県の某離島で猫7匹と一緒に暮らしています。

住まいは2階建ての妻の実家なのですが、離島に来るまでは東京に住んでおり、ペット可賃貸のアパートやマンションで暮らしていました。

これからペットを飼おうと考えている方にとっては、少なからずアパートやマンションで飼うことに対して何かしら不安を感じていることもあると思います。

そこで今回はペット可賃貸と持ち家では、猫を飼う上で大変さにどのような違いがあるのかについて、私の実体験を元にお話しさせていただきます。

ペット可賃貸と一般的な賃貸アパート・マンションとの違い

あなたがこれからペットを飼う場合、ペット可賃貸に引越しも選択肢の1つになると思います。

そこで、まずはペット可賃貸と一般的な賃貸(ペット不可)のアパートやマンションの違いについてお伝えしていきたいと思います。

私はペット可賃貸のアパートとマンションそれぞれに2年ずつ住んだ経験がありますが、まず物件を探す際に一般的な賃貸住宅と比べて、このような違いを感じました。

  • 物件数が極端に少ない
  • 敷金・礼金など初期費用が高い
  • 家賃も相場よりやや高い

物件数については10年前の話なので、ペットの飼育数が増加している現在は当時ほど少なくはありませんが、それでも一般的な賃貸と比べるとまだ少ないですね。

加えて、同じペットでも犬はよくても猫はダメという物件も意外と多いです。理由は初期費用や家賃相場が高いことにも通じますが、猫は爪とぎの習慣があるため、壁や床を傷つけてしまうからです。

修繕費用の分、敷金・礼金が高くなってしまったり、犬はよくても猫は不可という物件が必然的に多くなってしまうというわけですね。

また、ペット可でも飼育数の制限を設けているアパート・マンションもあり、私が住んでいたマンションは、大型犬は1頭まで、猫は2匹までといった条件がありました。

ペット可の分譲マンションの購入を検討している方も同様ですが、将来的な多頭飼いも想定して、飼育可能数は必ず確認しておくことをおすすめします。

ペット可賃貸と持ち家では人も猫もストレスが違う

続いて、ペット可賃貸のアパートやマンションと戸建て(持ち家)では、猫を飼う際にどのような違いや大変さがあるのかについてお話していきます。

結論から申し上げると、「よほどのペット仕様物件でなければ、戸建ての方が人も猫もストレスフリー」です。

ペット可賃貸住まいの時は、周りの住人がいるため、

  • 鳴き声や猫同士の喧嘩による近隣迷惑
  • 窓を開けた時に飛び出して隣の部屋にいかないか

など、気を配らなければいけないことがたくさんありました。

また、ペット可住宅だからと言って、他の住人が必ずしも猫好きとは限りませんし、ペットを飼ったことのない大家さんも意外と多いため、何かしらトラブルがあった際は対応に困る場合もあります。

こうしたこともあり、旅行などで一泊でも家を空ける時は、万が一のトラブルに備えて毎回ペットホテルを利用していました。

戸建ての持ち家に暮らすようになって、爪とぎや鳴き声の心配などは一切なくなりましたが、今振り返ると、当時猫たちにとっても、人間の緊張感が伝わる暮らしはストレスに感じていただろうと思います。

ペットとの暮らしを考えるなら「いつ飼うか・どこで飼うか」は慎重に

ペットを飼う際には、お互いにとって幸せな暮らしができる空間を考えることがとても大切です。

&PETでは、ペットも人も幸せな住まいづくりをコンセプトにマンションの空間をプロデュースしています。

「ペット可」というだけではなく、ペットとの住まいを大前提としたリノベーションマンションとなっています。マンションに住む場合でも、人もペットも快適に住める環境を第一に、「いつ飼うか・どこで飼うか」を、ぜひ慎重に考えていただければと思います。


著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。


ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る