横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

年々厳しさを増す夏の暑さ。人間でもキツイと感じるのだから、一緒に暮らす愛猫も夏バテや熱中症にならないか心配に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、猫の夏の暑さ対策をテーマにお伝えしていきたいと思います。

猫は暑さに強い?弱い?

一般的に猫は寒いところが苦手ということは知られていますが、暑さに関してはどうなのでしょうか。

猫の祖先はアフリカの砂漠やジャングルなどの環境下で生き延びてきたリビアヤマネコと言われるため、一般的にはどちらかと言えば暑さには強い動物とされています。

猫を飼った経験のある方なら、夏になると玄関や窓際などわざわざ暑い場所で寝ているところを見かけることから、暑さに強いと感じる方も多いですよね。

ただ暑さに強いとは言っても、30℃を超えるような炎天下にずっと居続けられるほど強いわけではありませんし、人間と同じように暑さによって夏バテになったり、ひどくなると熱中症になる猫もいるのです。

猫の夏バテ。いつもと違う様子をいち早く察知しよう

では、猫が夏バテになってしまったときにはどのような症状が起こるのでしょうか。

動物病院の獣医師によると、猫は夏バテになると人間と同じく元気がなくなったり、食欲の低下が見られるようになることがわかっています。

また熱中症の初期症状としては、

  • 呼吸が荒くなる
  • よだれが出る
  • 歯茎や舌、結膜などの粘膜の充血、うっ血
  • 頻脈

といった症状が見られ、より重症化すると下痢、嘔吐、震え・けいれんといった症状を引き起こします。[1][2]

特に猫は犬よりも体温調節が苦手な動物なため、熱中症にかかるリスクも高いと言われていますので、夏場はわずかな変化に注意して、いつもとは様子が違ったらすぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。

猫のために日頃から暑さ対策を心がけよう

夏は窓を閉め切ってエアコンをつけっぱなしにすることが多いため、エアコンの効かない場所や直射日光の当たる窓際は思っている以上に高温になっている場合があります。

エアコンをガンガンに効かせた寒いところが嫌な猫は、仕方なくこうした暑い場所へと移動して、自分でも気づかぬ内に暑さのダメージを受けているかもしれません。

猫は湿度60%以下・気温27〜28℃くらいが適温に感じると言われています。

高温多湿になりやすい場所には、扇風機やサーキュレーターなどで空気の流れを作って温度や湿度を下げる工夫をしてあげたり、夏でも猫が心地よいと感じる環境をできるだけ多く作ってあげるようにしましょう。

&PETでは、ペットも人も幸せな住まいづくりをコンセプトに愛猫家、愛犬家の皆様の悩みを解決しネコちゃんやワンちゃんも喜ぶ部屋をプロデュースしている他、ペットシッターサービスなどペットと幸せに暮らせるサポートも行っています。

参考文献

[1] 熱中症の対策について改めて整理しましょう|つだ動物病院
[2] 犬・猫の夏バテ・熱中症|犬猫専門小山動物病院

著者情報

Fumi.T

鹿児島県の離島に移住して10年。現在はWebフリーランスとして活動中。
妻の無類の猫好きが高じて、先住猫と保護猫合わせて7匹を飼っているほか、地域猫活動にもWeb担当として参画中。



ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る