横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」横浜・関内でペットと暮らすマンション・物件をお探しなら「&PET」

LINEで送る
Pocket

犬を飼いたいと思ったら

「犬を飼いたい!」そう思った時が、新たな家族を迎えるベストタイミングかもしれません。では、家族となる犬は、どこで探すのが良いのでしょうか?

犬を飼う=ペットショップで買うと考えている人が多いかもしれませんが、実は他にも様々な場所で家族を待っている犬と出会うことができます。

犬はどこから迎え入れる?出会える場所とメリット・デメリット

ペットショップ

ペットショップには様々な犬種の仔犬が集まっているので、様々な犬種の中から、相性やご自宅の環境に合った子を探すことができます。

また、グッズも豊富に取り扱っているので、フードやオモチャ等、必要なグッズも一緒に購入することが可能です。

しかし、あまり知識のないショップから購入すると、アフターケアがしっかりと受けられない場合があります。店員の知識があまりなかったり、ワンちゃんの過ごす場所が清潔にされてなかったりする場合は、要注意です。

ブリーダー

飼いたい犬種が決まっている場合は、ブリーダーから直接購入する方法もあります。

中間業者を通さないため、ペットショップよりも初期費用がかからない場合も多いです。また、母犬やきょうだい犬と過ごす時間が長いので、社会性が身についている場合が多いです。

同じ犬舎のオーナー同士で、定期的に交流会を開催していることもあります。しかし、残念ながら中には犬の事よりもお金儲けに走るブリーダーもいるので注意が必要です…。

流行りの犬種ばかり取り扱っていたり、母犬が狭いケージに閉じ込められたままのような環境のブリーダーには注意しましょう。

動物保護団体

動物保護団体では、様々な事情で家族と離れてしまった犬が、新たな家族を待っています。

保護団体から引き取り、里親になることは、一度悲しい思いをした犬を救うことに繋がります。既にトイレ等のしつけが完了している場合も多いです。

しかし、心に傷を負ってしまって初心者では難しい状態の子もいます。また、譲渡条件が厳しく、家庭環境によっては里親になれない場合もあります。

保護団体によって費用等も異なるので、譲渡会等で条件や費用をよく確認するようにしましょう。

保健所

残念ながら、日本ではまだ多くの犬の殺処分が行われています。保健所から犬を引き取ることは、そのような不幸な犬を少しでも減らすことに貢献できます。

しかし、行政施設なので、譲渡講習会が平日にしかない場合も多く、働いていると敷居が高いと感じる場合もあるかもしれません。また、地域によっても異なりますが、性格や病気等も詳しくはわからない場合もあります。

その他

上記の方法の他、知人の家で産まれた子犬を譲り受けたり、里親募集サイトを通じて探したりする方法もあります。

基本的に個人間のやりとりなので、注意も必要です。動物病院で飼い主を募集している場合もあるようです。

迎え方は様々、でも最後まで責任を持って飼うということは同じ

これから家族になる犬をお迎えする方法は実に様々です。それぞれの方法にメリットもデメリットもあります。

どのような方法で家族になる犬を迎えたとしても、最後で責任を持って飼うことには変わりはありません。

これから犬を飼おうと思っている方は、一つの方法に絞らずに探してみると、運命の子に出会える確率が上がるかもしれませんよ。

関連記事

ペットとの出会いが人生を変える〜チョークアート作家八木純子さん×&PET 代表取締役 菊池信一 – 横浜・関内の不動産・ペットシッターのご依頼なら&PET


著者情報

maitoran(堀江麻衣)

不動産分野全般に執筆実績と関心のあるフリーライター。
2014年に中途で障害を持ち、以来「日々の暮らしの”不便”を”便利”に変える」をモットーに、家づくりについて研究中。
日々、住まいを改造・改築しながら、快適な家づくりを目指している。
趣味:スケート観戦、ハンドメイド(羊毛フェルトでなんでも作る)、間取り図を見ること、旅行。
2匹の犬と暮らして溺愛中。


ペットと住まう最高のお部屋をプロデュースしました。モデルルーム公開中です。
マンションでもここまで出来る、をぜひ体験してみてください。

住み始めてからもずっと安心、ずっと笑顔で暮らしていただきたい。そんな想いで動物の専門家とスタートしました。
知らない場所や長時間のお留守番がニガテなデリケートなワンちゃんでも安心なペットシッターサービスです。
ぜひご活用ください。
LINE@へのお友だち追加はこちらから

【&PET限定】横浜ドッグウィーク2019のギャラリーを公開中!

・飼い主の皆さんにとってペットとは? 写真を見る